相続したくないときは相続放棄をする

相続したくないときは相続放棄をする

相続財産が借金など負債の方が多いような場合には、何もしないでそのままにしておくと、「単純承認」といって、負債も含めたすべてを受け継いでしまうことになります。

 

相続財産を処分してしまった場合も同じで、単純承認したものとみなされ、負債も自動的に引き継いでしまいます。

 

資産は欲しいが、負債はいらないというような虫のよい方法はありません。

 

しかし、資産も負債も両方とも一切受け継がないことはできます。

 

これが「相続放棄」です。

 

借金が多ければ、相続放棄をすればよいのです。

 

相続放棄をするには、相続人が自分のために相続があったことを知ったとき(判例では予想外の債務があったことを知って)から3か月以内に、相続を放棄する旨を、家庭裁判所に申し出なければなりません。

 

この3か月を熟慮期間といいます。

相続したくないときは相続放棄をする 関連ページ

不動産の評価方法
不動産の評価方法には、原価法、比較法、収益法、の3つがあります。   家庭裁判所の鑑定では主として比 […]
限定承認をする限定方法もある
相続財産を調査したものの、資産と負債とのどちらが多いかはっきりしない場合があります。   このような […]
遺産分割協議が不成立の場合
遺産分割協議が成立するには相続人全員の協議が必要です。   もし、一人でも反対する相続人がいたり、ま […]
負の遺産を分割するときの注意点
造産分割の際に気を付けなければならないことは、遺産に負債が含ま れている場合です。   この場合に、 […]
遺産分割協議とは?
相続財産はいったん、相続人全の共有状態になりますが、その後、遺産分割手続きを経て、相続財産がそれぞれ個別、具体 […]
借地権・借家権の相続手続きと相続財産の調査方法
借地権・借家権の相続手続き     借地または借家の賃貸借契約書の賃借入の名義を書き換えは […]
相続財産とならないものは?
⑨公営住宅の使用権   民間の借家の場合は、今、述べたように、賃借権は相続の対象ですが、都営や市営住 […]
相続財産となるものは?
被相続人が所有していた土地や建物は相続財産に含まれますが、不動産に関連して、相続財産に含まれるものと、含まれな […]
特別受益と寄与分ってなに?
実際に相続が開始した場合に、単純に法定相続分どおりにすると、かえって不公平になる場合があります。   […]
預金以外に借金が・・・
相続人が受け継ぐ財産は、現金、預貯金、不動産、動産その他、形のあるものから、被相続人が他人にお金を貸していた場 […]