特別受益と寄与分ってなに?

特別受益と寄与分ってなに?

実際に相続が開始した場合に、単純に法定相続分どおりにすると、かえって不公平になる場合があります。

 

たとえば、相続人の1人が、被相続人の生前に財産をもらっていたり、逆に被相続人の財産の増加や維持を助けたような場合です。

 

特別受益制度

 

被相続人の生前に何らかの財産をもらっている人が、相続人の中にいる場合に、公平な相続を行うための制度です。

 

遺贈や婚姻、養子縁組のためまたは生計の資本としての贈与、たとえば、長男だけが事業を始めるための資金援助を受けていたりという場合を考えてください。

 

残った財産だけを分配しても公平とはいえないでしょう。このような一定の場合には、生前にもらった財産も遺産の額に加算して、その総額を分けることにするのです。

 

 

寄与分制度

 

寄与分制度は、前述の特別受話制度と逆と考えればよいでしょう。

 
相続人の中に、遺産として残された財産の維持や増加に功績のあった者がいる場合には、その遺産の了捕については、功績を無視して、単純に相続財産に含めると不公平になります。

 

労務や財産の給付、看護、たとえば、相続人の1人が、被相続人の事業を早くから手伝って事業を大きくしたという場合などです。

 

寄与分は相続財産から控除して、寄与分の額を寄与者が相続分とは別に相続します。

 
寄与分の額については、相続人同士の協議で決定しますが、決まらない場合は寄与者の請求により、家庭裁判所が決定します。

 

 

 

 

 

特別受益と寄与分ってなに? 関連ページ

不動産の評価方法
不動産の評価方法には、原価法、比較法、収益法、の3つがあります。   家庭裁判所の鑑定では主として比 […]
限定承認をする限定方法もある
相続財産を調査したものの、資産と負債とのどちらが多いかはっきりしない場合があります。   このような […]
相続したくないときは相続放棄をする
相続財産が借金など負債の方が多いような場合には、何もしないでそのままにしておくと、「単純承認」といって、負債も […]
遺産分割協議が不成立の場合
遺産分割協議が成立するには相続人全員の協議が必要です。   もし、一人でも反対する相続人がいたり、ま […]
負の遺産を分割するときの注意点
造産分割の際に気を付けなければならないことは、遺産に負債が含ま れている場合です。   この場合に、 […]
遺産分割協議とは?
相続財産はいったん、相続人全の共有状態になりますが、その後、遺産分割手続きを経て、相続財産がそれぞれ個別、具体 […]
借地権・借家権の相続手続きと相続財産の調査方法
借地権・借家権の相続手続き     借地または借家の賃貸借契約書の賃借入の名義を書き換えは […]
相続財産とならないものは?
⑨公営住宅の使用権   民間の借家の場合は、今、述べたように、賃借権は相続の対象ですが、都営や市営住 […]
相続財産となるものは?
被相続人が所有していた土地や建物は相続財産に含まれますが、不動産に関連して、相続財産に含まれるものと、含まれな […]
預金以外に借金が・・・
相続人が受け継ぐ財産は、現金、預貯金、不動産、動産その他、形のあるものから、被相続人が他人にお金を貸していた場 […]

トラックバックURL

http://computerarch.com/wp/wp-trackback.php?p=26

コメント

8,074件のコメント »